/

宮崎で鳥インフル陽性 養鶏場、16万羽を殺処分

(更新)

宮崎県木城町の養鶏場で25日までに高病原性鳥インフルエンザウイルスへの感染が確認され、県は同日、飼育されている鶏計約16万8400羽を殺処分するなどの防疫措置を進めた。県は養鶏業関係者らを集めて県庁で緊急会議を開き、担当者が「警戒していた中での発生で残念。改めて防疫対策を徹底してほしい」と注意を促した。

感染が確認された養鶏場では同日未明から殺処分作業が続いた。養鶏場へと続く道では交通規制が行われ、作業に携わる県職員らを乗せたバスが何度も行き来した。陸上自衛隊都城駐屯地の男性中隊長は「24時間以内に必ず作業を終了させる」と、険しい表情で現場を指揮した。

県は家畜伝染病予防法に基づき、24日にこの養鶏場から半径3キロ圏内にある6農場の鶏や卵の移動を制限。半径3~10キロ圏は搬出制限区域とし、140農場に区域外への運び出しを禁じた。

また発生農場の周辺や幹線道路沿いに車の消毒ポイントを約10カ所設置した。

木城町の養鶏場では24日に大量の鶏が死んでいるのが見つかり、遺伝子検査で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン