沖縄に東北の縄文土器初発見 広域な交流の証し

2017/1/24 23:22
保存
共有
印刷
その他

縄文時代晩期(三千~二千数百年前)の東北地方を代表する「亀ケ岡式土器」とみられる土器片が、沖縄県北谷町の米軍返還地にある平安山原B遺跡で出土したと24日、同町教育委員会が明らかにした。

沖縄での発見は初めてで、西日本でも出土は限られている。製作地や沖縄に運ばれた背景を巡り、大きな議論を呼びそうだ。

北谷町では、縄文時代にアクセサリーとして重宝された、新潟県の糸魚川産の縄文時代晩期の翡翠も別の遺跡から出土。町教委は「当時の広域交流がうかがえる重要な発見」としている。

亀ケ岡式土器は、沖縄から約2千キロ離れた亀ケ岡石器時代遺跡(青森県つがる市)で出土したことに由来し、工芸品のような精緻な模様や作りが特徴。同じ頃の東北では精巧な漆器や遮光器土偶なども作られ、「亀ケ岡文化」として各地に影響を及ぼした。

町教委によると、見つかったのは、浅鉢の台部分で、大きさは縦横約5センチ。全体に工字文と呼ばれる迷路のような模様を線で表現し、装飾のため表面を赤く塗った跡も残っているなど、亀ケ岡式土器の特徴に一致するという。

2009~10年の発掘調査で、沖縄のグスク時代(11~15世紀ごろ)の耕作土の地層から出土。同じ層からは、縄文時代晩期に相当する約2500年前の沖縄の土器も多く見つかっている。見つかった土器片はこの頃に持ち込まれ、沖縄の土器と一緒に埋まっていたとみられる。グスク時代の耕作の際に沖縄の土器と一緒に入った可能性が高いという。

北谷町は面積の約半分を米軍基地が占める。遺跡は03年に返還された米軍基地「キャンプ桑江北側地区」などを含む場所で、返還後の宅地開発に先立ち、発掘調査が実施された。周辺でも多くの遺跡が見つかっている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]