/

電通、10時に消灯 深夜残業を防止

電通は24日、昨年12月に過労自殺した新入社員の高橋まつりさん(当時24)が労災と認定されたことを受けた労務管理の改善策の一環として、深夜の残業を防止するため午後10時から全館を消灯した。

消灯は翌日午前5時までで、当面続ける。東京本社のほか関西支社(大阪市)などすべての事務所が対象。ほかにも、月ごとの残業時間の上限を11月から5時間引き下げ、私的な情報収集などを理由とした在社を禁止するなどの対策を取り、長時間労働の抑制を図る。

この日、東京本社では午後10時すぎ、高層階のレストランなどの一部テナントを除き、一斉に電気が消えた。

電通は「社員の健康維持と法令順守のために、労働環境の改善に全力で取り組む」とのコメントを出した。

遺族側によると、高橋さんは本採用になった昨年10月以降に残業時間が急増。労災認定した三田労働基準監督署は月105時間の残業があったと判断した。

各地の労働局はこれまでに、電通の本社などを労働基準法に基づき立ち入り調査している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません