/

この記事は会員限定です

電子たばこ、健康被害めぐり論争に「点火」

[有料会員限定]

「禁煙に役立つ」などのうたい文句で世界的に普及している「電子たばこ」をめぐり、日本国内でも健康被害をめぐる論議が高まってきた。紙巻きたばこより害が少ないとの意見がある一方で、健康被害や青少年への悪影響を指摘する専門家もいる。厚生労働省などは実態調査や詳しい成分分析に乗り出した。

「禁煙目的で吸い始めました」。東京都内に住む女性(24)は、昨年11月から吸い始めた。2日に1箱のペースで紙巻きたばこを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り890文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン