マダニ感染症、猫から感染 女性死亡 「ネコからヒト」初確認

2017/7/24 18:11
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は24日、野良猫にかまれた50代の女性がマダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症し、10日後に死亡していたと発表した。かまれたことが原因とみられ、猫からヒトへの感染事例が明らかになるのは初めて。

厚労省や国立感染症研究所によると、女性は西日本に在住。昨年、衰弱した野良猫を動物病院に連れて行こうとして手をかまれた。数日後にSFTSを発症したという。女性がダニに…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]