新聞感想コンクール 最優秀賞に小6女子ら

2015/11/26 21:29
保存
共有
印刷
その他

日本新聞協会は26日、家族や友人と新聞記事を読んで話し合った感想や意見を募る第6回「いっしょに読もう!新聞コンクール」の受賞者を発表した。最優秀賞は3人で、小学生部門は沖縄県北中城村立北中城小6年の瀬底蘭さん(12)、中学生部門は岡山県の私立清心中1年の川井里紗さん(12)、高校生部門は福岡県の私立西南女学院高1年の中野望愛さん(16)を選んだ。応募総数は3万9881点だった。

瀬底さんは、沖縄タイムスが報じた米軍普天間基地移設をめぐる記事を取りあげ「父の職業は警察官。応援で辺野古警備に行ったときの記事でした。警察官も迷いや葛藤があって立っている。県民同士が向かい合わなくてすむよう心から願い、考えていかなければと思えた」などと書いた。

優秀賞には日本経済新聞が掲載した「鉛筆濃いめ人気 HB薄まる存在感」を読んだ岐阜県大垣市立興文小6年、松井博雅くん(12)ら30人を選んだ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]