/

日経ソーシャルイニシアチブ大賞、味の素など7団体

日本経済新聞社は「日経ソーシャルイニシアチブ大賞」の受賞者を決定した。同賞は優れたソーシャルビジネスへの取り組みを表彰するもので今回が3回目。400件超の応募の中から大賞の味の素など7団体が選ばれた。5月28日に東京都千代田区の日経ホールで表彰式を行う。受賞団体と事業概要は以下の通り。

【大賞】味の素/公益財団法人ケア・インターナショナルジャパン/公益財団法人プラン・ジャパン。途上国の栄養改善プロジェクト。現地政府・大学・NGOと連携し乳幼児の栄養不足を改善するサプリメントを生産・販売する。

【国内部門賞】コミュニティ・ユース・バンクmomo。市民・企業の出資金を原資にソーシャルビジネスへの融資を行うNPOバンク。

【国際部門賞】ARUN合同会社。カンボジア、インドなど途上国で、社会問題の解決と収益の両立を目指す「社会的インパクト投資」を実施。

【企業部門賞】伊藤園。耕作放棄地の活用で大規模茶園を造成。高品質茶葉生産と農業経営の安定化、地元の雇用創出で地域活性化に貢献。

【東北部門賞】公益社団法人sweet treat 311。石巻市で廃校を活用した体験学習施設を運営。被災した子どもの支援と地元の雇用・産業を創出する。

【新人賞】NPO法人Homedoor。ホームレスの人々を雇用し、自転車レンタル事業「ハブチャリ」を運営。

【クリエイティブ賞】NPO法人東北開墾。食べ物付き情報誌「東北食べる通信」。被災地と都市を「食」でつなぐ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン