/

高木聖鶴氏が死去 書家

書家で文化勲章受章者の高木聖鶴(たかぎ・せいかく、本名=郁太=いくた)氏が24日午前4時32分、肺炎のため岡山県倉敷市内の病院で死去した。93歳だった。自宅は同県総社市真壁1072。お別れの会は4月28日午前11時から岡山市北区駅元町1の5のホテルグランヴィア岡山。喪主は長男で書家、聖雨(本名=茂行)氏。

書家の故内田鶴雲氏に師事。かなと漢字が互いの美を保ち気品のある独自の書風を追究した。1995年に日本芸術院賞を受賞。2006年には文化功労者に選ばれ、13年に文化勲章を受章した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン