/

この記事は会員限定です

耐性菌対応の薬を優先審査 厚労省、企業に開発促す

[有料会員限定]

抗生物質が効きにくかったり効かなかったりする「薬剤耐性菌」への対策として、厚生労働省は、新薬の開発をスピードアップする。抗がん剤や難病治療薬を開発する仕組みを適用し、安全性や有効性の審査や治験の相談を他の薬に優先。現在は12カ月程度かかる審査期間を9カ月程度に短縮。新しく確認された耐性菌に速やかに対応するのが狙いだ。

現在、抗がん剤などについては国が専門家の意見をもとに「開発候補」を決め、企業に開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り706文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン