/

東京都心で積雪、11月は観測史上初

気象庁は24日午前11時ごろ、東京都心で積雪を確認したと発表した。11月の積雪観測は記録が残る1875年以来初めて。

上空に真冬並みの寒気が入り込んだ影響で、関東甲信地方では24日朝から広い範囲で雪が降った。東京都心では午前6時15分ごろ、11月として1962年以来54年ぶりとなる初雪を観測。平年(1月3日)より40日、昨年(1月12日)より49日早い降雪となった。

関東甲信では横浜、水戸、甲府などの7都県の気象台で初雪を観測し、一部で数センチの積雪となった。24日の降雪量は多いところで関東北部の山沿い15センチ、関東平野部5センチなど。

JR中央線が一部区間で一時運転を見合わせるなど交通に影響が出た。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン