/

重傷の男性、生保協の滝田さん ベルギーテロ

(更新)

ベルギー連続テロで重傷を負った30代の男性が、生命保険協会(東京)からブリュッセルに本部のある国際保険協会連盟に出向中の滝田祐さんであることが24日、関係者への取材で分かった。生保協会は情報収集のため職員を現地に派遣した。

滝田さんは地下鉄駅で被害に遭ったとみられ、同僚は「無事であってほしい」と語った。

関係者によると、滝田さんは昨年4月に出向し、各国の保険業界の現状を調査する仕事などを担当している。23日未明、現地の大使館から「滝田さんがテロに巻き込まれた」との連絡が生保協会に入ったという。

菅義偉官房長官は24日午前の記者会見で、滝田さんの被害状況について「意識はないが、容体は安定していると報告を受けている」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン