法科大学院の適性試験、受験料上げ 志願者減で

2015/11/24 11:48
保存
共有
印刷
その他

日弁連法務研究財団などでつくる「適性試験管理委員会」は24日までに、法科大学院の志願者に1次試験として課す適性試験の受験料について、2016年は従来の1万6200円から2万1600円に値上げすると発表した。志願者が大きく減少している中で、試験会場数を維持するための措置としている。

16年の適性試験は5月29日と6月12日の2回。2回受けた場合、受験料はそれぞれ必要になる。全国の14会場で行うが、熊本市の会場は5月のみ実施する。

適性試験の志願者数は初めて実施された03年の延べ約5万9千人がピークで、15年は延べ約6700人まで減少した。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]