2019年1月24日(木)

まるでモネの「睡蓮」 岐阜の名もなき池に見物客

2015/11/24 13:09
保存
共有
印刷
その他

岐阜県関市板取の根道神社の参道脇にある名前もない池のたたずまいが、フランス印象派を代表する画家クロード・モネの作品「睡蓮(すいれん)」を思わせると評判になっている。連休だった21~23日も多くの人が見物に訪れた。

池の大きさはテニスコートより少し大きいくらい。常に湧き水が流れ込み、水草の間をコイが悠々と泳ぐ。

案内役を務める長屋公久さん(60)によると、インターネットで「モネの作品に似ている」と取り上げられ、見物客が急増。今では休日には1日3千人が訪れるという。

大阪府高槻市の50代の主婦は「きれい。朝6時に家を出たかいがあった」。愛知県東郷町から訪れた女性会社員(37)は「透明感がすごい。紅葉とのコラボもいいですね」と笑顔で話した。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報