2018年8月22日(水)

抗がん剤を大量送り込み 伝達物質で効果的に死滅、大阪府立大

2015/11/24 12:13
保存
共有
印刷
その他

 体内で細胞間のタンパク質輸送などを担う情報伝達物質「エクソソーム」に抗がん剤を入れ、がん細胞に大量に送り込んで効果的に死滅させることに、大阪府立大や武庫川女子大(兵庫県西宮市)のチームが24日までに体外での実験で成功した。

 チームの中瀬生彦大阪府立大特別講師(生物物理化学)は「がん細胞だけに届くよう工夫し、治療法の開発につなげたい」と話しており、近く動物実験を実施する計画という。

 チームによると、エクソソームは脂質の膜などでできている風船状の物質。ほぼ全ての細胞が情報伝達のために分泌しており、血液や唾液に多く含まれる。大きさは100ナノ(ナノは10億分の1)メートル程度。薬物などを細胞内に送り込む手段として注目されるが、いかに効率良く細胞内に取り込ませ、薬を放出させるかが課題となっている。

 チームはエクソソームにプラスの電荷を帯びた人工の脂質などを加え、マイナスの電荷を帯びている細胞膜に取り込まれやすいよう加工した。

 その上で、培養皿上のがん細胞に抗がん剤入りのエクソソームを加えると、加工しなかった場合に比べ、細胞内に取り込まれる量が最大で約40倍上昇。約65%のがん細胞が死滅した。抗がん剤をそのまま加えると、死滅したのは約17%だった。

 成果は英科学誌電子版に掲載された。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報