/

住友重機を書類送検 無許可で機関銃試射の疑い

自社で製造した機関銃を東京都公安委員会の許可を受けずに試射したなどとして、警視庁生活環境課は24日、住友重機械工業(東京・品川)と同社社員2人を火薬取締法違反(消費)と銃刀法違反(所持)の疑いで書類送検した。

社員2人のうち、埼玉県入間市の男性社員(65)の送検容疑は2012年10~11月、東京都福生市の会社施設で、都公安委の許可がないのに、製造した機関銃の性能試験として実弾24発を発射した疑い。西東京市の男性社員(43)の送検容疑は今年2月、製造見本として海外から輸入した機関銃1丁と準空気銃3丁を許可なく会社内で所持した疑い。

それぞれの容疑について、法人として住友重機も書類送検した。

生活環境課によると、1982年に合併した企業が保有していた実弾を住友重機がそのまま保有。許可がないのを知りながら、以前から試射に使っていた。同課の任意の事情聴取で、住友重機の役員は「弾薬の管理はすべて現場任せになっていた」と話したという。

社内調査で発覚したといい、住友重機は「書類送検を真摯に受け止め、管理体制の徹底と再発防止に取り組む」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン