海洋機構、海底下2500メートルで微生物発見 青森・八戸沖で確認

2015/7/24付
保存
共有
印刷
その他

海洋研究開発機構などは青森県八戸沖の海底の下を深さ約2500メートルまで掘削し、微生物群が生息していることを確認した。微生物の生息域としてはこれまでで最も深いという。生命が地球内部で生息できる限界や条件などの解明に役立つとみている。成果は米科学誌サイエンス(電子版)に24日掲載される。

研究チームは地球深部探査船「ちきゅう」で、八戸沖約80キロの水深1180メートルの海底からさらに深さ2466メ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]