/

東洋ゴム、免震偽装関与の社員告訴検討

免震ゴム性能の偽装問題で、引責辞任を決めた東洋ゴム工業の山本卓司社長らが23日、大阪市内で記者会見を開き、不正に直接関与した社員の刑事告訴を検討することを明らかにした。

同社は不正に関わった社員の刑事告訴については「(社内の)懲罰委員会で具体的な内容を確認して議論したい」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン