/

外国人の受診、英語でサポート 医学生がチーム設立

日本を訪れた外国人が医療機関を受診するのを英語でサポートしようと、日本大や慶応大などの医学部の学生らが23日、学生有志の支援チーム「Team Medics(チーム・メディックス)」を24日に立ち上げると発表した。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、外国人が集まるイベントなどで活動を予定している。

チームには大学の医学部生ら約90人が参加。イベント会場で体調を崩したり、けがをしたりした外国人がいた時、英語で症状などを聞き取り、病院の窓口で伝えやすいように日本語で問診票を作ったり、受診できる病院を探したりする。医療英語や他国の保険制度などの学習会も開く。

チーム代表の日大医学部2年の鈴木あみさん(21)は「留学先で体調を崩した時にどの病院に行けばいいか分からず、大変な思いをした。同じ悩みを持つ人の力になりたい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン