2018年10月17日(水)

新国立、整備費2500億円 従来デザイン維持で決着

2015/6/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場(東京・新宿)の整備費を総額約2500億円とすることで、文部科学省などが、施工するゼネコン2社と合意したことが23日、関係者の話で分かった。2本の巨大な「キールアーチ」を特徴とする従来のデザインを維持する。

29日に関係機関のトップでつくる東京五輪・パラリンピック調整会議で報告する。

難航していた整備費の調整が決着したことで、今後は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報