邦人元契約社員「雇い止めはマタハラ」 伊航空会社を提訴

2015/6/27付
共有
保存
印刷
その他

 アリタリア航空(イタリア)の元契約社員で客室乗務員として働いていた日本人女性(32)が27日までに、妊娠が分かって雇い止めされたのはマタニティーハラスメントに当たるとして、雇用継続などを求める訴えを東京地裁に起こした。

 訴状によると、女性は2010年3月から1年更新の契約で勤務。12年12月に妊娠を会社に伝えたところ、13年2月末で契約を打ち切られた。

 会社は経営状況が厳しく人員削減の必要があると説明したが、女性は同時期に入社した社員はほぼ全員が契約を更新しており、雇い止めは妊娠が理由だと指摘。男女雇用機会均等法に違反していると主張している。

 アリタリア航空は「雇い止めは妊娠が理由でなく契約期間満了によるもので、本人も納得していた」とコメントしている。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

アリタリア航空雇い止め

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 11:13
7:05
北陸 7:01
7:00
関西 6:30
6:00
中国 6:00
5:59
四国 10:57
6:00
九州
沖縄
6:00
21日 22:48

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報