/

サミット警備、全国で7万人 「ソフトターゲット」対策

警察庁は主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の期間中、不特定多数の人が集まる主要駅や集客施設など約3500カ所の「ソフトターゲット」の警備のため、最大約7万人の警察官を投入する。23日にJR東京駅の警備状況を視察した同庁の金高雅仁長官が明らかにした。

日本で開催するサミットでのソフトターゲットの警備態勢としては、過去最大になるとみられる。主な対象施設は東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)や日本一の高層ビル「あべのハルカス」(大阪市)など。サミット会場近くの三重・愛知の両県で警備する約2万3千人の一部もソフトターゲット警備に当たる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン