/

上田昭夫氏が死去 元慶応大ラグビー部監督

(更新)

上田 昭夫氏(うえだ・あきお=元慶応大ラグビー部監督)23日、アミロイドーシスのため死去、62歳。告別式は27日午後1時から東京都文京区関口3の16の15のカトリック東京カテドラル関口教会。喪主は妻、順子さん。

元ラグビー日本代表。1984年に慶応大ラグビー部監督に就任し、86年には社会人チームを破り、初の日本一に導いた。フジテレビでキャスターを務めた後、再び指揮を執り、2000年に大学選手権優勝を果たした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン