2019年1月21日(月)
速報 > おくやみ > 記事

フリーアナウンサーの小林麻央さんが死去 乳がん闘病、34歳

2017/6/23 11:34
保存
共有
印刷
その他

共同

共同

フリーアナウンサーで、乳がんで闘病中だった小林麻央(こばやし・まお)さんが死去したことが23日、分かった。34歳だった。夫は歌舞伎俳優の市川海老蔵さん。

1982年生まれ。上智大在学中に姉でフリーアナウンサーの小林麻耶さんの勧めで芸能活動を開始。2003年からフジテレビ系「めざましどようび」の天気キャスターや、ニュース番組「NEWS ZERO」のキャスターなどを務めた。

10年3月に海老蔵さんと結婚。11年に長女、麗禾(れいか)ちゃん、13年に長男、勸玄(かんげん)くんを出産した。

昨年6月、海老蔵さんが記者会見し、麻央さんが乳がんであることを明らかにした。麻央さんも公式ブログを開設。闘病生活や家族との触れ合いについてつづり、がんのステージや抗がん剤の副作用、肺や骨への転移なども明かした。

「皆様にも、今日笑顔になれることがありますように」。麻央さんは20日朝、最後のブログを更新した。母に絞ってもらったオレンジジュースを飲んだ喜びを表現する一方で、「自分では絞る力がない」とし、病の深刻さもにじませていた。

海老蔵さんも自身のブログで、麻央さんへの思いをたびたびつづってきた。23日朝には「人生で一番泣いた日です」と投稿していた。

家族とともに前向きに生きる姿ががんと闘う人々に勇気を与えたとして、英BBC放送が社会に影響を与えた女性を選出する「今年の100人の女性」に日本人で初めて選ばれた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報