2019年6月18日(火)

家屋の被害届け1500件超す 鳥取中部地震

2016/10/24 0:27
保存
共有
印刷
その他

鳥取県中部の地震で震度6弱を観測した倉吉市、湯梨浜町、北栄町に「家屋の被害があった」とする住民からの届け出が計1500件を超えたことが23日、3市町への取材で分かった。市町側は実態を調べた上で被害棟数を県に報告する。

地震で倒壊した蔵にブルーシートをかぶせるボランティアの男性(23日、鳥取県北栄町)=共同

地震で倒壊した蔵にブルーシートをかぶせるボランティアの男性(23日、鳥取県北栄町)=共同

住宅被害の届け出は倉吉市で約1300件、湯梨浜町で約170件、北栄町で約90件。大半は瓦屋根が崩れるなどの一部損壊とみられる。県はこれまでに全半壊5棟など計346棟の被害を把握。調査が進めば、被害は大幅に増えると見込んでいる。

被災した自治体では23日、公的支援を受けるために必要な「全壊」「半壊」などを判定する罹災(りさい)証明書発行の手続きも行われた。

3市町ではボランティアの受け付けが本格的に始まった。3市町のボランティアセンターによると、計約250人が訪れ、住宅の修理や片付けなどの作業に当たった。ボランティアの要請は計約200件に上った。

気象庁によると、21日の震度6弱以降、23日午後6時までに震度1以上の地震が195回発生した。引き続き警戒を呼び掛けている。

県によると、23日午後7時現在、開設されている避難所は45カ所、避難者数は655人。学校の窓ガラスが割れたり、壁にひびが入ったりする被害が相次いで確認され、一部の県立高などは24日に臨時休校となる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報