市販品を改造・黒塗装か ドローン、モーター交換?

2015/4/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

首相官邸の屋上で無人の小型飛行機(ドローン)が見つかった事件で、見つかったドローンは市販されている中国製の「ファントム」という製品を改造したものである可能性があることが23日、捜査関係者などへの取材で分かった。警視庁公安部は機体を詳しく分析するとともに、販売ルートなどを調べて所有者の割り出しを進める方針。

捜査関係者によると、官邸で見つかったドローンには4つのプロペラが付いており、形状や取り付け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]