JOC竹田会長「私が最終決裁」 五輪誘致コンサル契約

2016/5/23 12:25
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪招致を巡る疑惑で、招致委員会で理事長を務めた日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は23日、招致委が2億円超を支払ったシンガポールのコンサルタント会社「ブラックタイディングス社(BT社)」との契約は「私が最終的に決裁した」と明らかにした。

取材に対し「招致委のルールにのっとって組織的に処理されている。事務局が(契約内容を)精査し、最終的に(自分が)サインした」と述べた。招致委で専務理事だった水野正人氏(ミズノ相談役会長)は契約の事実自体を「知らなかった」としている。

JOCは同日にも外部の弁護士を入れた調査チームを発足させ、契約手続きの詳しい事実関係などを調べる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]