/

蚊が吸った人 2日後まで特定 名大など、DNA判定で

名古屋大などの研究グループは、蚊が吸った血から抽出したヒトのDNA型判定で、吸血後2日までは個人の特定が可能だとする研究結果をまとめた。名古屋大の山本敏充准教授(法医遺伝学)は「精度を高めれば、犯罪現場にいた蚊を調べることが犯人や関係者の特定に役立つかもしれない」と話す。

実験では蚊に7人の血を吸わせ、0~72時間で設定した経過時間ごとにDNAを抽出、分析した。蚊の体内で血が消化されると、DNAの分解も進むが48時間までは個人の識別に必要な数のマーカーが検出された。

分解の進行具合によって、血が吸われた時間帯を半日単位で推定できることも分かった。蚊を採取したのが屋内であることが条件になるが、誰がいつごろ現場付近にいたのかを探る手掛かりになるという。

殺虫スプレー「キンチョール」や蚊取り線香で知られる大日本除虫菊(大阪市)も研究に参加。同社の研究所が無菌状態で飼育し、被験者が感染症になる恐れがない蚊を実験に使った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン