/

被曝事故施設再び立ち入り 規制委、作業状況聞き取り

日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」(茨城県大洗町)の被曝(ひばく)事故で、原子力規制委員会は23日、センターへ立ち入り検査に入った。21日に続き2回目。プルトニウムなど放射性物質の管理方法や事故時の作業状況を確認し、職員から追加の聞き取りを進める。

立ち入り検査は異例。高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)で約1万点の機器点検漏れが発覚し、2013年に実施したのに続き2例目で、対象は同じ原子力機構だった。23日午前9時45分ごろ、規制委の担当検査官5人を乗せた白い乗用車がセンターに到着。検査官は硬い表情で構内へ入った。

21日の検査では、事故前、半面マスクや防護服を適切に着用しているか作業員同士で確認していなかったことが判明。放射性物質が入った貯蔵容器を開ける手順などを示す詳細な作業計画もなかった。

事故は6日午前に発生。男性作業員5人が、プルトニウムなどが入った貯蔵容器を開けて点検した際、中のビニールバッグが破裂し、飛散した放射性物質を吸い込んで内部被曝した。5人は医療施設で、放射性物質の体外排出を促す薬剤の投与を受けている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン