/

この記事は会員限定です

補助犬同伴、拒まないで 理解向上へ研修・啓発

[有料会員限定]

不特定多数が利用する施設で盲導犬や介助犬などの補助犬の受け入れを義務付けた「身体障害者補助犬法」の施行から今年で15年になるが、補助犬の同伴を不当に拒否する事例が後を絶たない。関係団体や国は2020年東京五輪パラリンピックを控え、医療機関や飲食店などに補助犬への理解を深めてもらおうと啓発活動に取り組んでいる。

「どうしてだめなんですか」。介助犬と暮らす東京都世田谷区の自営業の女性(50)は昨年2月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り893文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン