/

被災地の子、外国人家庭が受け入れ 夏休み中に英会話など学ぶ

東日本大震災で被災したひとり親家庭の子供を夏休み中、関東地方の外国人が自分の家庭に招待する国内ホームステイプログラムが31日から始まる。親が仕事で家にいない子供の孤独感を取り除き、親にも安心して働いてもらうのが目的だ。

企画したのは、岩手県陸前高田市のNPO法人マザーリンク・ジャパン。ひとり親家庭の小学4年~高校3年の子供が対象で、面接を終えた外国人家庭約10組の家に、それぞれ滞在する。外国人の出身は米国やカナダなどさまざまで、その国の文化や英会話を学べる。期間は31日から最大2週間、参加費は無料。

寝占理絵代表は「外国人にも支援の輪が広がっている。協力してひとり親家庭を支えたい」と話す。

ジンバブエ出身の鈴木エリザベスさん(48)は茨城県美浦村で夫と娘4人と暮らす。「文化が違っても、幸せに生活できることなどを知ってほしい。外国の料理を一緒に作って楽しみたい」と心待ちにしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン