/

デジタル時代の報道議論 新聞協会、11月にシンポ

日本新聞協会は、メディアの役割や公共性を考える公開シンポジウム「報道とつくる『知』の空間―人口減少社会とデジタル時代に考える」を、11月21日に東京都内で開催する。パネリストとして増田寛也元総務相や精神科医の香山リカ氏らが参加する。

11月21日午後6~8時、一橋大の一橋講堂(千代田区)で。定員は300人、応募多数の場合は抽選となる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン