2019年7月18日(木)

強制起訴、無罪相次ぐ

2016/3/1 1:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

司法制度改革の一環として2009年に導入された強制起訴制度は、検察が不起訴と判断した場合でも、市民の判断によって法廷で刑事責任を問う仕組みだ。検察審査会が2度「起訴すべきだ」と議決すると指定弁護士が起訴する。今回を除いて過去に8件あるが、有罪確定は2件にとどまる。

小沢一郎・元民主党代表の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件では11年、小沢元代表が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。