2018年7月17日(火)

インフル治療薬アビガン、マダニ感染症に有効 厚労省研究班

2016/2/22 21:40
保存
共有
印刷
その他

 マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」に、インフルエンザ薬のアビガン(一般名ファビピラビル)が有効であることをマウスの実験で確かめたと、厚生労働省研究班のチームが22日までに米微生物学会の専門誌に発表した。

 SFTSは西日本で患者が多く、6~30%が死亡する深刻な病気だが、有効な治療法がない。研究班の西條政幸・国立感染症研究所ウイルス第1部長は「アビガンはインフルエンザの薬として安全性や副作用が既に明らかになっている。SFTSへの適応も、近い将来に実現されることを期待したい」としている。

 研究班は実験用のマウスにSFTSのウイルスを感染させ、直後から5日間にわたりアビガンを投与。何も治療しないマウスと抗ウイルス薬のリバビリンを投与したマウスとも効果を比べた。

 その結果、治療をしないマウスはほとんどが死んだ。リバビリンも効果はあったが、約4割が死んだ。一方でアビガンを与えたマウスは全て生存した。

 SFTSウイルスへの感染から日にちを遅らせてアビガンを与えたところ、感染から3日までに投与を始めたマウスは全て生き残った。症状が進んだ5日目の投与でも約半数が生存した。

 アビガンは富士フイルム傘下の富山化学工業(東京)が開発。既存の薬とは作用の仕組みが違い、インフルエンザへの効果が期待されるほか、エボラ出血熱の治療薬としても注目を集めている。一方で胎児に奇形を起こす可能性があることなどから、日本では新型インフルエンザで他の薬が効かないなどの場合に国が使用を判断する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報