新国立、大成案「工期順守」決め手 バックアップも評価

2015/12/23 2:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場の整備を巡り、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は22日、大成建設などが提示し、建築家の隈研吾氏がデザインした「A案」で建設することを決めた。2つのデザイン案に注目が集まったが、勝敗を分ける鍵になったのは工期短縮を実現する計画の手堅さだった。

「目標の工期で終えるということに、実現可能性が十分あるかで差が付いた」。競技場の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]