新国立、期待胸に再始動 市民ら「力出せる競技場に」

2015/12/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新国立競技場の姿が22日、定まった。旧計画の白紙撤回から5カ月、2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアム建設が再び始動する。「選手が力を発揮できる会場にしてほしい」。市民らは完成後のイメージに期待を膨らませ、アスリートは東京大会を象徴する夢の舞台での活躍に思いをはせた。

建築家の隈研吾氏(61)らが手掛けたA案は「木と緑のスタジアム」をテーマに木材をふんだんに使い、周囲に広がる「神宮…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]