/

森友学園運営の幼稚園を仮差し押さえ 施工業者申し立て

学校法人「森友学園」(大阪市)が運営する塚本幼稚園(同市)の土地・建物などの所有不動産について、大阪地裁が仮差し押さえを命じていたことが22日、分かった。命令は15日付。学園が大阪府豊中市で開校を計画していた小学校の施工業者が工事費の滞納を理由に申し立てていた。

施工業者によると、学園側とは計4回にわたって計約15億円を受領する契約を結んでいた。これまでに計約5億円の支払いがあったものの、今月15日が期限だった約3億円の支払いは滞っているという。

学園は10日、大阪府に対して小学校の設置許可申請を取り下げ、工事は中止されている。国土交通省は21日付で校舎の建築補助金の交付を取り消し、支払い済みの約5600万円の返還命令を出した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン