/

東京地検検事を略式起訴 児童ポルノ所持で

児童ポルノのDVDを所持していたとして、東京地検は22日、公安部所属の菅井健二検事(44)を児童買春・ポルノ禁止法違反罪で略式起訴した。東京簡裁は同日、同検事に罰金50万円の略式命令を出し、即日納付された。

地検は同日付で菅井検事を停職2カ月の懲戒処分とした。同検事は辞職した。

東京地検は、菅井検事が4月中旬、性的好奇心を満たす目的で東京都内の自宅で児童ポルノのDVD12枚を所持した、としている。別の児童ポルノ事件の捜査の過程で同検事がDVDを購入していたことが発覚した。

山上秀明・東京地検次席検事は「国民の皆様におわびし、再発防止に努める」などとコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン