/

勝俣元会長ら東電旧経営陣、再び不起訴 東京地検

東京電力福島第1原子力発電所事故を巡り、東京第5検察審査会が「起訴相当」と議決した東電の勝俣恒久元会長(74)ら旧経営陣3人について、東京地検は22日、改めて不起訴処分とした。昨年から再捜査してきたが、原発が津波で浸水して事故が起きることを具体的に予測するのは困難だったと判断した。

起訴相当議決を受けたのは勝俣氏のほかに武藤栄元副社長(64)と武黒一郎元フェロー(68)。検察審は今後、3人への不起訴処分が妥当かを再審査する。再び起訴すべきだとする「起訴議決」が出れば、検察官役の指定弁護士が強制起訴し、原発事故の刑事責任の有無が法廷で問われることになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン