/

この記事は会員限定です

国の「権限不行使」評価分かれる 避難者訴訟判決

[有料会員限定]

東京電力福島第1原発事故の避難者が千葉地裁に起こした訴訟の22日の判決は、原発の安全確保に関する国の責任を厳しく捉えた3月の前橋地裁判決から一転、国の責任を否定した。国が東電に津波対策を取らせなかった「規制権限の不行使」に対する評価の違いが判断の分かれ目となった。

2つの訴訟の主な争点は共通している。「国は10メートル超の津波を予見できたか」「国に東電に対策を取らせる規制権限があったか」という2点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン