/

平尾昌晃氏が死去 作曲家、「瀬戸の花嫁」

「瀬戸の花嫁」や「よこはま・たそがれ」などのヒット曲で知られる作曲家で、歌手としても活躍した平尾昌晃(ひらお・まさあき)さんが21日午後11時40分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。79歳だった。お別れの会を行うが日取りなどは未定。

慶応高校を中退し、プロを目指してバンド活動に専念。1958年、歌手デビュー。山下敬二郎さん、ミッキー・カーチスさんとともに「ロカビリー三人男」と呼ばれ、人気を博した。

60年代半ばから作曲家として活躍。布施明さんに提供した「霧の摩周湖」、梓みちよさんへの「渚(なぎさ)のセニョリーナ」で67年の第9回日本レコード大賞作曲賞を受賞。小柳ルミ子さんが歌った「わたしの城下町」「瀬戸の花嫁」などヒット曲を世に送り出し、一時代を築いた。

歌手として活動も続け、畑中葉子さんとデュエットした「カナダからの手紙」がヒットした。NHK紅白歌合戦で2006年からエンディング曲「蛍の光」の指揮者を務めた。

平尾昌晃ミュージックスクールを設立し、新人歌手の育成にも力を入れ、スクールから松田聖子さんなどが巣立った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン