/

就学前の子供の声、騒音から除外 東京都が条例見直し案

東京都は23日までに、騒音防止を定めた環境確保条例の規制対象から、小学校就学前の子供の声を外す見直し案をまとめた。周辺住民の生活に支障を及ぼしているかを新たな基準にする。

子供の声に対する苦情がある一方、保育園では外遊びの時間を制限するケースが増えており、条例見直しで地域での話し合いを促し、問題解決を図る。

見直し案によると、保育園や幼稚園のほか、児童館などの施設や公園での子供の声を規制対象から外す。その上で、音の種類や頻度、防音対策、関係者同士による話し合いの内容から周辺住民への影響を判断し、必要があれば施設側に措置を取るよう勧告・命令できるとした。

条例は「何人も規制基準を超える騒音の発生をさせてはならない」とし、地域や時間ごとの音量の基準はあるが、子供の声は除外されていなかった。

都は見直し案について来年1月13日までメールなどで意見を募集する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン