東海大チーム3位、雪辱ならず 豪ソーラーカーレース

2015/10/22付
共有
保存
印刷
その他

 【アデレード=共同】オーストラリア北部ダーウィンを18日にスタート、大陸を約3千キロ縦断する世界最大級のソーラーカーレース「ワールド・ソーラー・チャレンジ」は22日、オランダのチームがトップで南部アデレードにゴールした。2011年以来、2大会ぶりの優勝を狙った東海大のチームは3位で到着し、雪辱を果たせなかった。

 レースは隔年開催で、太陽光エネルギーを動力源とする車で砂漠地帯の公道を走る。今回は日本や米国、欧州、アジアなどの20を超える国から40以上のチームが参加。東海大は炎天下、トップ集団の後ろに付けたが、タイヤのパンクなどのトラブルもあり、追い付けなかった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

東海大豪ソーラーカーレー

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 22:19
21:44
北陸 7:01
7:00
関西 6:30
6:00
中国 6:00
5:59
四国 10:57
6:00
九州
沖縄
21:42
21:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報