2019年2月17日(日)

子供の自殺、夏休み明け要注意 官民が支援強化

2017/8/24 12:06
保存
共有
印刷
その他

夏休み明けの前後は子供の自殺が増える傾向がある。国や民間団体は相談業務などを強化し、保護者に「子供の様子に変化がないか注意してほしい」と呼び掛けている。

文部科学省は「いじめ防止キャンペーン」として、いじめ相談を受け付けるNPO法人などの情報をホームページ上で紹介している。全国の教育委員会にも、9月上旬まで学校内外やネット上で子供の見守りを強化するよう呼びかけた。

不登校の子供が通うフリースクールは居場所を提供する。東京シューレ(東京・北)は8月30日から一時的に無料で通えるようにする。通常は会費がかかる。NPO法人「フリースクール全国ネットワーク」は同様の取り組みをする全国の施設を紹介するほか、フリースクールに通う子供が「苦しければ学校に行かなくてもいい」と話すメッセージ動画を掲載している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報