/

首相官邸にドローン落下 けが人はなし

(更新)

22日午前10時20分ごろ、東京・永田町の首相官邸で、小型の無人飛行機(ドローン)が屋上に落下しているのを職員が見つけた。警視庁によると、けが人はいない。同庁が所有者や落下した経緯などを調べている。

首相官邸の屋上で見つかった無人小型機・ドローンを調べる捜査員ら(22日、東京・永田町)

同庁によると、発見されたドローンは直径約50センチ。小型カメラや長さ約10センチのペットボトルのようなものが付いていた。機体に放射線を示すマークが描かれているほか、発えん筒のようなものが取り付けられていたとの情報もある。

政府高官は22日、ドローンについて「(どこの物かは)分からない。調べているが(危険性は)ない」と話した。テロかどうかも不明という。

同庁幹部は「空中の飛行物の警戒の仕方を検討する必要がある」としている。

米首都ワシントンでは今年1月、ホワイトハウス敷地内にドローンが墜落しているのが見つかった。日本でも神奈川県のマラソン大会で、女性スタッフがドローンに接触して軽傷を負ったほか、名古屋市の繁華街にドローンが墜落する事故も起きた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン