銀座でテロ対策訓練 警視庁、東京マラソンに備え

2015/1/22付
保存
共有
印刷
その他

警視庁は22日、1カ月後に開催される東京マラソンに向け、コースとなる東京・銀座でテロ対策訓練を実施した。機動隊員や築地署員、地元商店街の会員ら約80人が参加した。

訓練はスタート前にパトロール中の警察官らが、コース近くの駐車場で不審な男を発見したという想定で行われた。警察犬が男のかばんの火薬の臭いをかぎつけて爆発物を発見。防護服で身を固めた機動隊員らが安全な場所に運び出した。

三藤晋也築地署長は訓練後のあいさつで、イスラム国を名乗るグループによる日本人2人の殺害警告に触れて「テロは外国の話ではなく日本も渦中にある」と訴えた。

警視庁によると、東京マラソンに向けたテロ対策訓練は2回目。2013年4月に米ボストンのマラソン大会で爆破テロが起きたことを受けて昨年始めた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]