/

橋下氏が逆転敗訴 精神科医の月刊誌記事、大阪高裁

橋下徹氏が大阪府知事時代、月刊誌「新潮45」の記事で名誉を傷つけられたとして、執筆者の精神科医野田正彰氏と新潮社に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は22日までに、計110万円の支払いを命じた一審判決を取り消し、請求を退けた。中村哲裁判長は判決理由で「真実だという証明はないが、真実と信じた相当の理由があり、違法性はない」とした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン