東京駅100周年スイカ、希望者全員に 再販売へ

2014/12/22付
保存
共有
印刷
その他

JR東日本が東京駅開業100周年を記念して限定販売したSuicaのデザイン

JR東日本が東京駅開業100周年を記念して限定販売したSuicaのデザイン

東日本旅客鉄道(JR東日本)は22日、客が殺到して途中で販売を中止した東京駅開業100周年記念のIC乗車券Suica(スイカ)について、増刷して希望者全員に販売すると発表した。時期や販売方法は未定としている。インターネットによる販売なども検討する。

赤れんが駅舎をデザインした記念スイカは20日午前、東京駅丸の内南口(東京・千代田)で計1万5000枚の限定で発売された。しかし購入希望者が殺到。JR東日本は約8000枚を販売した時点で販売を中止したが、買えなかった購入希望者が駅員に詰め寄るなどして混乱した。

1枚2000円のスイカは20日のうちに、インターネットのオークションサイトで10万円を超える高値がついた。JR東日本はあらためて販売し直すことを明らかにしていた。

JR東日本は「今度は混乱なく、希望者に行き渡るようにしたい」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]