/

東京駅100周年スイカ、希望者全員に 再販売へ

JR東日本が東京駅開業100周年を記念して限定販売したSuicaのデザイン

東日本旅客鉄道(JR東日本)は22日、客が殺到して途中で販売を中止した東京駅開業100周年記念のIC乗車券Suica(スイカ)について、増刷して希望者全員に販売すると発表した。時期や販売方法は未定としている。インターネットによる販売なども検討する。

赤れんが駅舎をデザインした記念スイカは20日午前、東京駅丸の内南口(東京・千代田)で計1万5000枚の限定で発売された。しかし購入希望者が殺到。JR東日本は約8000枚を販売した時点で販売を中止したが、買えなかった購入希望者が駅員に詰め寄るなどして混乱した。

1枚2000円のスイカは20日のうちに、インターネットのオークションサイトで10万円を超える高値がついた。JR東日本はあらためて販売し直すことを明らかにしていた。

JR東日本は「今度は混乱なく、希望者に行き渡るようにしたい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン