/

古都の秋彩る歴史絵巻 京都・時代祭

京都御苑を進む時代祭の牛車列(22日、京都市)=共同

平安時代から明治維新までの歴史上の人物に扮(ふん)し、装束をまとった行列が秋の都大路を練り歩いて華麗な歴史絵巻を繰り広げる「時代祭」が22日、京都市内で行われた。

午前9時ごろ、桓武天皇と孝明天皇を祭った鳳輦(ほうれん)2基を中心にした神幸列が、平安神宮から京都御苑へ出発した。

正午すぎ、笛の音とともに先頭の「維新勤王隊列」が御苑を出発。江戸、安土桃山と時代をさかのぼりながら登場した約2千人、全長約2キロの行列は、神宮へ向かった。

時代祭は、葵祭、祇園祭と並ぶ京都三大祭りの一つ。平安遷都1100年を記念して、1895年に始まった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン