2019年1月16日(水)

陸自演習、砲弾部品当たり観客2人軽傷 静岡

2015/8/23付
保存
共有
印刷
その他

22日午前11時ごろ、静岡県御殿場市の陸上自衛隊東富士演習場で関係者に公開された実弾射撃訓練「富士総合火力演習」で、戦車が発射した演習用120ミリ砲弾の部品の破片が見学者に当たり、2人が軽傷を負った。

陸自によると、1961年から毎年実施している富士総合火力演習で一般の見学者が負傷したのは初めて。22日は招待客や自衛官の家族らに向けた予行演習で、23日は一般公開される。

負傷したのはいずれも40代男性で、観客席前方で1人は右膝に、もう1人は左太ももにそれぞれかすり傷を負った。観客席は射撃する戦車の後方に設けられていた。

射撃に参加していたのは90式戦車と10式戦車の計14両。部品は発射する砲弾に勢いをつける「離脱装弾筒」で、発射後に砲身の前方へ落ちるという。陸自は演習期間中の90式、10式戦車による射撃を取りやめるとともに、破片が後ろに飛んだ原因を調べている。

22日の演習には約2万3千人が訪れていた。陸自富士学校長の渡部博幸陸将は「誠に遺憾。心からおわび申し上げる」とのコメントを出した。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報