/

この記事は会員限定です

崩れつつある終身雇用

[有料会員限定]

終身雇用が崩れつつある、といわれる。厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2014年の一般労働者の平均勤続年数は12.1年で20年前からほぼ横ばい。ただ同省の調査(14年10月)では全労働者に占める「非正規」の割合が初めて4割を突破した。「人件費抑制のため非正規にシフトする企業が増え、正社員の割合が減っている」(関西学院大学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り166文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン